お肌にハリを与える美容液化粧水【エクストラリッチローション】効果

ブースター成分とは?美容液化粧水【エクストラリッチローション】の仕組み

ハリと元気を戻すブースター成分とは?

<ブースターとは?>

ブースター」とは、英語のboostから来ているもので、 「押し上げる」「高める」などの意味があります。

肌は普段、pHが5〜6の弱酸性ですが、ブースター美容液をつけると 肌は、一時的にアルカリ性に変化します。

アルカリ性に傾いた肌は、肌質を中和するために代謝を活性化させて酸性物質を分泌、 これが肌にとって保湿成分となり、同時に基礎化粧品の吸収・浸透をよくするのです。

【エクストラリッチローション】はブースター成分に
プラス★ 美容液成分も95.8%配合( 52種類以上! )★

シワ・たるみのない!若々しい状態に戻しましょう♪

ブースター成分の美容液化粧水【エクストラリッチローション】販売サイトへ

ブースター成分の美容液化粧水【エクストラリッチローション】のインフォメーション

老け顔の原因は? あなたの肌トラブルの原因は?
洗顔時に、顔をゴシゴシこすっていませんか?

・・・ そうすると、毛穴や汗腺を中心に、炎症を起こすことがあります。

炎症が起きると、角層の細胞が増殖するスピードが速まって、 本来なら肌表面の「角層」と呼ばれる部分に到達すると、 核が消えるようにプログラムされている肌が、核の消えない 未熟な状態で増産されることになります。

これは、正常に細胞間脂質が分泌されない未熟な肌細胞の要因になります。

人の細胞は、上の図のように中心に「核」があります。
肌細胞は、皮膚の深い所で生まれ、表面の「角層」と呼ばれる部分で爪や髪のように 死んだ細胞になっていきます。

ところが刺激を受けて(過度なマッサージ等)を繰り返しますと 皮膚は炎症を起こし、生体反応で活性化しているため核が残った細胞となります。

実は、細胞からこの核が消えるとき、皮膚表面の水分の流出を防ぐため 乾燥して固くなります。
また外界の刺激から体内をまもるために、大切なバリア成分を放出します。

その物質とは…

<セラミドなどの細胞間脂質>です。

セラミドは、保湿クリームや化粧品によく配合されている保湿成分ですが、 角層では、肌細胞のすきまを埋める、セメントのような役割をします。

実はこの細胞間脂質こそが、カサカサを防ぐために最も大切なもの!

しかし、角層の細胞に核がありいわば、ちゃんと死んでいない肌では この細胞間脂質が正常に分泌されていない肌になってしまいます。

<お手入れのしすぎや、摩擦がすぎると肌にダメージを与えます>
赤み、湿疹、かぶれ等・・・ 女性のお肌のトラブルとなります。

ブースターは肌のトラブルを鎮め、潤いのある肌に導く効果があるのです。
細胞と細胞の隙間を埋め、炎症を沈め水分を吸収しやすい「柔らかな肌質」に変えて 化粧水が浸透しやすい環境にします。

※ オイルなどでも肌質は柔らかくできます。ただ「水と油」の関係のように 本来の保湿には、なりません。
浸透力のある成分でのブースター効果をお勧めします。

ブースター成分の美容液化粧水【エクストラリッチローション】の効果反響は・・・

【エクストラリッチローション】は300名様限定の「お試しセット」をご用意♪下記のページへGO!

ブースター成分の美容液化粧水【エクストラリッチローション】販売サイトへ

このサイトでは、Facebook、twitter、インスタなどで話題の肌のブースター、ハリを与えてもちもちアップのブースター美容液化粧水を、お探しのお客様が、楽天やアマゾン(Amazon)でお得に商品が購入できるか?どのような価格で購入できるのか、効果は?口コミは?送料は無料か?、お試し、トライアルセット、お試し商品などはあるのか、商品の特徴などのポイントを深く調べて、情報ご案内しています。さらに、公式サイトブログ、コマーシャル、CMなどの情報を元に口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、成果、メリット、なども情報をご紹介しております。